ホーム
会員
医療機関
ボランティア
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関

整骨院による健康フェスティバル開催

当日はFMSによる身体機能評価を行います。

 FMSとは、Functional Movement Systemの略で、
①ディープスクワット、
②ハードルステップ、
③インラインランジ、
④ショルダーモビリティ、
⑤アクティブストレートレッグレイズ、
⑥トランクスタビリティプッシュアップ、
⑦ロータリースタビリティ、
 以上7種類の基本的な動作を基にパフォーマンスに悪影響を与えると考えられる運動動作の悪癖を見つけ出す為のテストです。

 従来の行われてきた体力テストとは異なり、筋力や持久力などの体力的な評価ではなく、活動時の体捌き、動作・身のこなしのスムーズさに着目し21点満点で評価し、14点に満たない場合、それ以上の人と比較してケガの発生率が4倍になると言う報告もあります。

 今まで運動能力は主に筋肉が発揮するパワーや運動を継続する粘り強さ、或いは有酸素能力等によって評価されることが一般的でしたが、FMSでは一つの動作を行った際の身体の各部位の協調性を評価することでその際に行われる代償動作(悪癖)を抽出する事が出来ます。

 そして、その代償動作・悪癖を改善することでパフォーマンス向上やケガ・障害の予防に役立てる事が出来ます。