ホーム
会員
医療機関
ボランティア
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関
医療機関

整骨院のかかり方
 整骨院は日常生活やスポーツ活動中、勤務中、交通事故などによって発生したケガ(外傷)に対して施術(治療)を行うところです。
 柔道整復師の判断或いは医師の診断により、急性又は亜急性の外傷(骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷=肉離れなど)で、内科的要因による疾患でない負傷の治療を行います。

 ※骨折及び脱臼については、初回の応急手当を行った後、医療機関を紹介・受診してもらった上で、医師の同意のもと、継続した治療を行っていきます。

 整骨院は保険を使えるの?

 整骨院では各種健康保険などを使って治療することができます。

◎取り扱える保険の種類

・各種健康保険
(国民健康保険・全国健康保険協会・組合保険・共済保険・後期高齢者医療広域連合など)

・自働車損害賠償責任保険
(自働車事故にあった場合)

・労働者災害補償保険
(労災:仕事中にケガをしてしまった場合)

・国家・地方公務員災害補償保険
(公務員の方々が仕事中にケガをしてしまった場合)

・生活保護法による医療扶助
(生活保護法による指定を受けている整骨院で治療を受けられます)


  どんな時に整骨院に通うの?

骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など急性、又は亜急性の外傷(ケガ)をしたときには、整骨院に相談してみて下さい。

例えば……

①日常生活やスポーツで、捻ったり、挫いたりして急に痛みがでたとき。

②日常生活やスポーツで、同じ動作の繰り返しによって痛みが出たとき。
 (野球の練習で投球を繰り返す。バッティングを繰り返すなどによって徐々に痛くなってきた場合などは亜急性損傷の可能性があります)

③運動後の筋肉や関節などの痛みも原因がはっきりしていれば治療できます。

④病院などを受診し診断を受けたあとでも、病院などの担当の先生から「紹介状」「依頼状」または施術(治療)に対する「同意」のいずれかを頂いてきた場合、整骨院で後療(その後の治療)が可能となります。

⑤交通事故によるケガ。(自賠責保険の適用となります) ※交通事故を参照

⑥この他、身体に痛みを感じたら、最寄りの当会々員の整骨院にご相談下さい。
 ※整骨院の業務範囲外の疾患でも、適切な医療機関などへの御紹介ができる場合があります。





 整骨院で治療を受けられない場合


①単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労

②保険医療機関(病院・診療所など)又は、他の整骨院で治療中のケガ

③マッサージ代わりの疲労回復や慰安目的の受診





 治療を受ける時のお願い!

 整骨院では、病院や歯科医院にかかった時と同じように、自己負担分(治療費総額の1割・2割・3割)のみを窓口で支払うことにより治療を受けることができます。

 その為には

 ①負傷の原因(いつ、どこで、何をしてケガをしたか。どんな症状があるのか)を正確に伝えて下さい。

 ②柔道整復師施術療養費支給申請書(レセプト)に署名をお願いします。
 ※原則、患者様本人による記入が必要ですが、小さなお子様や手の負傷などにより署名が困難な場合は代理の方或いは整骨院側での記入となりますが、この場合には患者様の捺印(拇印でも可)が必要です。

 ※上記の署名(サイン)は、月毎に必要となります。
  患者様の都合により、途中で来院されなくなるケースがある為、初険時又は月初めに署名して頂いております。

 保険者(保険組合など)からの照会(問合せ)があった場合について!

 保険者によっては、負傷原因・通院日数・治療内容・その他について照会を行う場合があります。
記載に際して、ご不明な点や記憶に自信がない場合は治療を受けられた整骨院にご確認いただき、正しいご回答をお願い致します。